スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言。

今日、とある方に眼鏡云々の事じゃなく(少しは店の事も含みますが)、色々お話をさせて頂いてました。

聞いてくれる人がいるって嬉しい物ですね。
心がす~っとなった様な気持ちよさを感じました。



さて、この前も少し書きましたが、眼鏡業界は秋のイベント[IOFT]に向け、アポ無しの営業マンが突然やってきたり、営業依頼の電話が鳴ったりと、にわかに慌ただしさを増して来てる様に思います。

まぁ、経費がかかる展示会ゆえ、各社の思いは解るのですが、あえて眼鏡業界の為に僕が思ってる事を一言。(読んでくれてる眼鏡店以外の方は、僕の独り言として聞き流して下さいね)

ブランドって何?
フレームって誰の為にあるの?
楽しいって何が?


自問自答してる部分もありますが、僕が一時期嫌気を感じ、眼鏡業界を離れたそんな一昔前の眼鏡業界に似た様な構図に逆戻りしてる様に感じてます。

新旧メーカー側は、今一度、何がしたいかを見つめ直す時期なんじゃないかな。
技術的に良くなって行ってるだけじゃ、未来はありませんしね。
ましてや、隣の○国でも技術は進歩してますしね。


今日は気持ちがす~っとしたせいか、ちょっとした独り言を書いちゃいましたが、全ては眼鏡業界全体を思っての事。

ずっと続けて行きたいいい仕事ですしね。


ちょっと堅い話になってしまいましたので、今日はこの素敵な女性の画像で終了です。
GRO GO GRO
グロテスクフレームをお求め頂いたMちゃんです。

「可愛い~よ!」
と言う、僕の一言を信じて作ってくれました。
短い髪から見える、サイドのキラキラステンレスが印象的ですよね。


という訳で今日はこれまで!
それじゃ!

コメントの投稿

非公開コメント

hidebow様


コメントの中で書いて頂いた通り、長年の経験をふまえ、自分が好きな道をとおしていきたいと思ってます。

不器用な僕ですね(笑


またお暇な時にお立ち寄り下さいね。


こんにちわ。


ブランドってなんでしょうね。

たまたま、入いった眼鏡屋さんに、かっこいい、おしゃれな
眼鏡が置いてあった。それいいんじゃないにでしょうか。
と私は思います。


「直感の7割は、当たる」と将棋の羽生善治さんが、著書のなかで
言っておられました。

将棋の対局の時で、その一手に迷ったとき、最後は自分が好きか、
嫌いかなんですって。

直感といっても、あてずっぽでなく、その人が長年の経験
で得たデータベースから、導き出されるものなんです。


それから、スタジオジブリ(「崖の上のポニョ」)の鈴木敏夫さんが
、新聞のインタビューで、こう答えてられました。

「何かやるとき大切なのは二つ。普通にいいものをつくる。
今なぜやるのか。その両方を満たさなければ」

何かの参考になれば、幸いでございます。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。