スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テオ/ヴィンテージシリーズの楽しみ方。

今日はこの写真を。
THEO
左側に映ってる3本は[theo/vingt+trois(ヴィンテージシリーズ)]
右上は[theo/vingt+trois]、右下は[theo/amor]


一番人気と言っては何ですが、品切れになってた黒と共に、青(赤は在庫です)が本日再入荷しました。
THEOTHEO

ちょっと”クセ”がある感じですが、入荷以来、着実にファンを増やしてる、お店にとって欠かせないシリーズモデル。

フレームの裏側(レンズを留めるインナーフロント)には、表面とは全く違ったテオらしい色使い&配色。
アセテートフレーム(プラスチックフレーム)では出せない良さです。


ウチのお店のお客様で、このシリーズを大切に&楽しくお使い頂いてるのが、お馴染みのH様。
一番上の写真の右側に映ってる2本がH様のご愛用品。
で、コチラがお使い頂いてるグリーン。
THEOTHEOTHEO



THEOTHEO
裏面も鮮やか。




最初にお求め頂いた上記のグリーンに加え、実は黒も、赤も、青もコレクションしたいと思ってらっしゃるH様。
今日は”本当に”たまたま遊びにいらしてた際に到着したこのフレームに、思わず
「やっぱり俺が買わないかんがね~」と。
THEOTHEOTHEO

そして、アレコレお掛け頂いた末、黒と赤(青はお取り置き)でお作りする事になりました。


H様は、このモデル[vingt+trois]が、大変お気に入りなんですが、同モデルのカラー違いをお求めになる理由がもう一つ。

最初の方に書いた様に、このシリーズはフロントが二重構造でフェイスフロントと、インナーフロントのカラーが違い、同モデルでコレクションすると、それぞれのパーツを自由に組み替えて色でも楽しめるという訳。

最終的に4本コレクションすると...

4×3×2×.....
算数は難しい....(笑



THEO
これでバッチリ!
OKマークかと思いきや、

「問題は、お○だよ、お○!それと、カミサンにどう説明しよう...」だそうです...(笑

H様、何時も本当にありがとうございます!


THEO

最後は、[Theo/amor]を掛けた、H様の満面の笑顔でお別れです!

やっぱりtheoは見てても、掛けても楽しい眼鏡です!


それではまた明日!

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。