スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サングラスのイメージ

COOLS
突然こんな”絵”から失礼します。
これは僕がまだ血気盛んだった10代の頃にマイブームだったイメージ。
たまたま見つけたので思わず載せてしまいました (笑

当時僕の周りは妙に悪ぶったヤツが多く、お約束の音楽(バンド)もカッコだけでやってました。
もちろん簡単な(ノリノリの)Rock'n'Roll ♪

そこで小道具と言っては何ですが、活躍してたのが”サングラス”。
冒頭の"絵"と同じイメージですね。
バンドのプレー中に失敗しても決して目元を見せない。そんな感じ。
さらに言えば、当時のサングラスのイメージって「ワル」。
いわゆる「威嚇」する道具。
やんちゃなヤツは殆ど掛けてましたからね。

ちょっとこの写真を
dJdJ
超ニッチ(リッチの間違いではございません)ブランド「me Markus T」のレア?なサングラス。
個人的ですが、これ当時のやんちゃなイメージそのものに見えます。
ドイツ人の「マルクス」もどんなイメージでレンズシェイプを決めたんでしょうか?
聞いてみたい気がします。

まぁ最近でも目元が見えないサングラスを掛けてると「威嚇」して見える事もありますが、
当時と比べてデザインはもとより、世間の感じ方が変わって来てますね。

これなんか凄くお洒落だと思います。
avav
ANNE et VALENTIN(アンバレンタイン) Sファミリー/SAND
大きめのレンズシェイプがとても良い雰囲気を醸し出しております。
日本人がデザインしてもこうはいかないでしょうね~

こんなモデルも
gg
Gottii (左) SUKI/ (右) SHIRO
面白いネーミングですね~
普遍的なデザインを好むスイス人から生まれたこのブランドは、
飽きのこないあっさりとした物が多い中、
サングラスだけは「これでどう?」みたいな感じで押し出しが強くなってます。
(Gottiのフレーム紹介は後日お伝えする予定です)

元々サングラスは「眼を保護する物」
故に「眼の悪い方」はもちろん「悪くない方」も掛けてらっしゃいますね。
昔から様々にデザインされたサングラスが登場し、様々なシーンで使われるサングラス。
自分を演出する道具として、最適なアイテムでしょうね。

お店で掛けて「変身」してみて下さい! (笑
面白いかも。

ここで、ちょっと注意ですが...
多少チープなお値段の物だとレンズに歪みが入ってたりする為、
かえって眼を悪くする事がありますのでご注意下さい。

お洒落に掛けて楽しんで下さいね。

それじゃまた明日!

コメントの投稿

非公開コメント

イメージ

イメージって大事ですよね。
TPOに合わせやすいのがサングラスだと思います。
何本も欲しくなりますし…。

しかし、オイラはOAKLEYしか掛けてませんが・・・(笑)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。