スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これジェンビアンです!

さあ、タイトルの意味が分からない人が多いでしょうが、ヒントは今からご紹介するメガネの産地の国の言葉です。

今回、ご紹介するのはこちら↓    
     ラフォン1   ラフォン2

そう、デザインと色使い、そして、異素材組み合わせや新技術を常に取り入れ全世界を魅了し続けているフランスの至宝「 lafont 」です。

ラフォンは元々は眼鏡店で、店主のポールラフォンさんとテキスタイルデザインの学位を修めたロレンスさんとが結婚し、ポールさんが妻の才能に気づきにメガネのデザインをさせたことから始まります。(テキスタイルとは、服の生地のことです。)

ラフォンは見て頂ければ一目瞭然です!

「PRINCESSE(プリンセス)」 カラー945 \30,450
プリンセス1プリンセス2プリンセス3

「PAULETTE(ポーレット)」 カラー 113 \30,450
ポーレット1ポーレット2ポーレット3

「ROXANNE(ロクサンヌ)」 カラー 112 \36,750 
ロクサンヌ112-1ロクサンヌ112-2ロクサンヌ112-3
こちらは、2006年にパリと東京の展示会において最優秀賞をWで獲得したモデルです。

「ROXANNE(ロクサンヌ)」 カラー271 \36,750
ロクサンヌ271-1ロクサンヌ271-2

「RITA(リタ)」 カラー 017 \39,900
リタ1リタ2リタ3

「TRESOR(トレソロ)」 カラー 103 \47,250
トレソロ1トレソロ2トレソロ3

こちらのモデルの大きな特徴はなんといってもサイドです。
トレソロ4

色使いもこの写真では二層にしか見えないと思いますが、実は四層になっていてとても繊細な色を出しています。
トレソロ5

今回スタイルサンプルがないのには、こんな美しいフレームを野暮な僕がかけてイメージを損ないたくないためですのでご了承下さい。

今日ご紹介したモデルはぜひとも女性に掛けてもらいたい素敵なメガネです。
(小顔だったり、フェミニンな男性なら掛けこなしも可能です)
一見派手に見えますが、顔に載せてしまうとアラッ!?不思議!!馴染んでしまうんですね~これが。

ぜひとも、いらっしゃった際にはチャレンジしてみてくださいね!

コメントの投稿

非公開コメント

hidebowさん、こんにちは。

ご教授ありがとうございます。

お恥ずかしながら、フレームの名の由来までは知りませんでした。

もっと勉強しないとダメですね。

僕は学生時代に丸の内に通ってたので、長者町繊維街は毎日目にしてましたし、何度かプラプラして楽しんでいたので、僕にとっても馴染み深いです。

きっとhidebowさんにとってファッションというものは切っても切っても切れない結びつきがあるんでしょうね(笑)

P.S
hidebowさんの初詣で引いたおみくじは何かを予見させますね!

この一年どんなことがあるかお互い楽しみですね!

白井さん、こんにちは。

ラフォンは、本当におしゃれだとおもいます。

最初の頃、アミアミになっているフレームは「少し変わってるな」
と思ってました。今は何の抵抗もありません。

ここに写真に登場しているフレームの名前が、女性の名前で
あるのに気づきます。

「ROXANNE(ロクサンヌ)」は、戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」に
登場する主人公が片想いをする若い女性の名前だったりします。

これ以外にも、世界中の女性名が、多く使われていますよ。

P.S.
私の父は、昔、紳士服洋品店を営んでいました。
紳士服の仕立てを生業にしていたそうです。
私の物心つくか否かの時代です。

今でも、時々、名古屋の長者町(繊維問屋街)から見える
テレビ塔が、夢に出てきます(それもモノクロームで)

父が、商品の仕入れに繊維問屋街へ出かけてとき、連れていつて
もらった体験の記憶なのか、私の空想なのか、どちらか分かりませんが...。
テレビ塔まわりに、高い建物がなく、現在みたいにオープンカフェもありません。
ただ、テレビ塔の脚元には、広い空き地のような空間が、見えるだけでした。

(ちなみに、「RITA(リタ)」 はエッフェル塔がモティーフになっているとのこと)

テキスタイルと聞くとなぜだか父の昔のことを思い出し
てしまいます。

私がラフォンに魅了されるのは、私の遠い昔の記憶と
結びついるなにかの縁なのしょうか。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。