スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンバレンタインとは?

「ANNE ET VALENTIN (アンバレンタイン)」は英語読みで、フランス語だと「アンヌとヴァランタン」という意味で、オーナーでデザイナーのANNE VALENTIN(アン・バレンタイン)さんと彼女の夫のアラン・ヴァランタンさんの名前が冠されています。

 本拠地は南フランスの古都トゥールーズで、元々、アンさんは1980年に眼鏡店を開き’84年からオリジナルアイウェアを制作し始め、本格的なハウスブランドとして1992年に始動しはじめました。

 コンセプトは「掛ける人の個性や魅力を引き出す」ことで、顔をキャンパスにして、その顔の上に線やカラーを描きデザインしている。独自のヴィヴィットな色使いや従来の既製品にはない線の太い独特のフォルムが多い。
 
 そのバックグラウンドには南フランスの日差しの強い太陽や赤い土と建物、地中海や大西洋の砂浜といった「陽気」さをメガネに盛り込んでいる。
 さらに、彼女はフランスの5月革命期に青春時代を過ごしたためヒッピーの洗礼を受け、自身のメガネを「ドラッグのようにハッピーで常習性があってほしい」と言っている。

 アンバレンタインには、「掛けやすい定番モデル」や「新技術を導入し革新的で前衛なモデル」、「クラシカルなモデル」など自身のコレクションをカテゴライズし、デザインの幅を持たせている。
 それを可能にしたのはフランスで眼鏡の産地で名高い「ジュラ」(日本で言うところの福井県鯖江市)という地方の工場を買い取り、デザインと製造を一環して行えるシステムを作り上げたからなのです。

 ハイ、ではそんな素敵なコレクションをご覧ください!
アンバレ2アンバレ3アンバレ1
 見てて楽しくなってきちゃいますよね?
 個別の商品紹介やスタイルサンプルはまた後日しますね!!

コメントの投稿

非公開コメント

hidebowさんいつもコメントありがとうございます!

hidebowさんのコメントの中にはいくつもの「名言」があってとても印象に残りやすいですね!

人間自然体がどこかで少しだけでも出すことが出来る場所があるだけでも全然違いますよね。まして、それが常にできたらとても素敵ですよね。でも、いろんなしがらみがあったりしますからね。そのしがらみの中にも自分の大切なことやものがあるからしょうがないと思えたりもしますしね。ジレンマですけど、それすら楽しめてしまえばそれはそれで幸せなのかなとも・・・

最後の方の内容はメガネ業界人としてはとても気になりますね~。
ぜひ、お聞かせ下さい。

お待ちしてますね~!


土曜日(昨日)お邪魔する予定でしたが、金山から地下鉄名城線、鶴舞線を利用して、
浄心へ向かう途中、ヴァージェンスさんにて、先日、アンバレンタインのトランクショウーで
お会いしたOさんとばったり再会して、オリバーピープルを共に見てきました。

スタッフさんとOさんとの話が(時間の経つのをわすれくらい)盛り上がりました。
なので、行けなりくました。ごめんなさい。日曜日(今日)は行けると思います。


以前、リアルのエージェントA氏から、「その土地の太陽の日射しの色が、
その土地の色彩を決める」と教えてもらいました。

白井さんが、おっしゃるように、陽気な南仏・トゥールーズでしか、アンバレンタインの
ポップなカラーリングはあり得ない、たくさんフレームを見せていただいて、それが
最近わかってきた気がします。「そこでしか、楽しめないことを、素直に喜ぼうよ」と。

「水面に漂う浮き草のように、低きに流れる水のように、釣りバカ日誌の浜ちゃんや
フーテンの寅さんのように、時には、自然体を受け入れる自分がいてもいいのかな」
私には、そんな生き方をしてもいいよ!と、アンバレンタインがささやいているのが
伝わってきます。(笑)

話はかわりますが、昨日、「日本でも、欧州のようなきれいなカラーを施す技術は持っている。
でも、どうやって色をコンビネーションさせていくか、考えるノウハウがわからない」
という話も聞きました。

それから昨日、日本未発売の(日本製の)色彩きれいな北欧ブランドも見てきました。
どこまでが、日本の現実と実力なのか、考えると複雑です(笑)

それにしても、”アンヌさんが、自身のメガネを「ドラッグのようにハッピーで常習性が
あってほしい」と言っている。”と聞いて、私自身のことのように、思われてなりません
(爆笑!)それだけ、アンバレンタインの色は、「唯一無二」の存在。

ハッピーな気持ちにさせてくれる魔法の力があるんですね。
私は、それに癒されています。(感謝、感謝)

それでは後ほど。



カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。