スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました!

改めまして、年末年始の休業日と営業開始日についてお知らせいたします。

12/30(火)         営業

12/31(水)~ 1/2(金) お休み

 1/3 (土)         営業

なにとぞ、お間違いになって取り越し苦労をなされないようお気をつけ下さい。


2008年を振り返ってみると今年は自分にとって「 変革 」の年となりました。
オバマさん的に言うならば「 We can change! 」

加藤オーナーのもとでこのように働くことになるなど去年の今頃は全く想像もつきませんでした。

オーナーがよく「 縁 」という言葉を使われます。オーナーが「999.9 selcted by」をやることが決まった二日後に私が現れ「 縁 」を感じたおっしゃっていただき、また、自分もその「 縁 」を感じました。

「CRANE」をやってみないか?と言われる一週間前、私はある事情から厄除で有名な静岡の「法多山」へ行き、おみくじをひきそこで「第九大吉」を引き当てました。

その文面の中に「時来たり目上の人の引き立てにて何事も思ふようになる運なり」とあり、まさにその通りのことが起こったのですから「 縁 」を感じずにはいられませんでした。

また、この文面の最後には「かようによきときはいよいよ身をつつしまざればさかりの花の風に散り満月のかけるうれいありと心得るべし」ともありました。

なので、しっかりと謹んで臨み憂いがないようこれからもがんばっていく所存でございますので、なにとぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

今こうしてここに在ることが出来ているのは加藤オーナー、お客様、メーカーさん、全国にある素敵なメガネ屋さん、両親、家族、友人その他自分に影響してくれた全ての事や物それに関わっている方のおかげです。本当に心から感謝しています。そして、この恩を少しでも返していきたいと思っております。

今年一年大変お世話になりました。

そして、来年からもどうぞよろしくお願い申し上げます。


                          
                          白井 雅久
スポンサーサイト

眼鏡界のミハラヤスヒロ

年末の営業も残すところあと僅かになってまいりました。

本日も多くの新規のお客様や以前からのお客様にご来店いただき心から感謝いたします!

唐突ではこざいますがこちらを↓ご覧になってください。
ミハラ1ミハラ2
こちら私の個人所有物の財布でございますがご覧になって「知ってる!!」という方も多いかもしれませんが、こちらはアパレルのドメスティックブランドの「MIHARA YASUHIRO」の財布でございます。

僕がこのブランドを知ったのは、二十歳ぐらいの頃でいよいよ服に興味を持ち始め「メンズノンノ」などを見るようになり、その中で発見したのがこの「MIHARA YASUHIRO」さんのクシュクシュッとしたダメージブーツでした。
もともと、ブーツだけのブランドだったのですがそのデザイン力は突出しており、「SOSU MIHARA YASUHIRO」というアパレルのデザインも始められパリコレなどにも進出されているのです。

その当時「いいな~」と思いつつも学生にとって価格が壁となり、「いつかは!」とは思って、つい2ヶ月前に栄の「MID WEST」さんでこちらの財布を購入させていただきました。

ブーツもいつかはと考えております。

さて、なぜメガネでなく財布だったのか?それは・・・

こちらの財布見ていただくとわかるようにまるで何年も使い込んだような風合が出ています。この技術「あぶりだし」といいまして表のレザーを熱風で下地に密着させさらに出ぱっている部分を何度もなめしていくことで造りあげられます。ほかにも「MIHARA」さんの商品には独特なダメージ加工を施すことで他にはない独特な質感が生まれそれがブランドの魅力となっております。

その独特なダメージ加工をメガネ業界で大胆に行った男が存在します!!

それはもちろん、うちのお店の主力ブランドの「REAL」を作った男
「井上 文秀」
その人でございます!!

そして、そのモデルは「R0703」です!

では、ご覧下さい!
R703-1-1R703-1-2R703-1-3

R703-1-4

R703-2-1R703-2-2R703-2-3

R703-2-4R703-2-5

R703-7-1R703-7-2R703-7-3
R703-7-4
今までにもメガネのメタルには「シャーリング」という使い込んだようにする技術は存在していました。
しかし、ここまで明らかな濃淡を大胆につけたモデルは僕が知る限りこのメガネだけでしょう。

このモデル2006年の「ioft」で「アイウェア・オブ・ザ・イヤー フレーム機能・技術賞」をとったモデルなのです!!

なにがスゴいかと言えば、その「存在感」
また、4mmもの厚さのあるチタンをこのような形に仕上げるをいう「技術」
そして、さらにそれを最終的に完成させるためにさらに職人さんが手で削り作り上げるという「手間」

価格は \68,250 と他のメガネと比べると高いですが、実物を手にとって見て、掛けて頂ければその素晴しさは実感していただけ、その価格にも納得していただけることでしょう。

井上さんがいつの日かミハラヤスヒロさんのように世界にまで手が届くのも近い将来あるのではないかというように私個人は思っております。

「REAL」春の新作が始動し始めているようです。いちリアルファンとして楽しみに待っています!


お知らせ

本日も多くのお客様にご来店いただき誠にありがとうございました!

昨晩は、私完全なるテレビッ子でした。
帰るなり「すべらない話」を、立て続けにBS2でやっていた「パフューム 武道館ライブ」を見てました。
どちらのエンターテイナーも本当にすばらいです!

ご報告し忘れてましたが、
「999.9 selected by OPTIQUE S.S」同様
「CRANE glasses」

明日12/29(月)営業致しておりますのでどうぞいらっしゃってくださいね。

なお、年末年始のお休み
「999.9 selected by」
と同様で
12/31~1/2までとさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

今宵もあの宴が開かれるぅ~

今夜9:30より「人志松本のすべらない話」がやりますね。

僕はどんなに早く帰ったとしても最初の10分は間に合いません(T0T)

今回も腹を抱えて笑うのでしょう。

さあ、では「すべらない話」ではレギュラーの「擬音マジシャン」宮川ダイスケさんのトレードマークの「黒のデカセルメガネ」に似たメガネのご紹介です。

BUNDY1BUNDY2

掛けるとこんな感じ
BUNDY3
「デン!!」
BUNDY4
「サーン!!」


実はこれサングラスのレンズを抜いたものなんです。

レンズを入れてあるものがこちら↓
BUNDY5BUNDY6
オリバーピープルズ 「BUNDY」 BK \32,550

他にもこんなのもあります!
R031-1R031-2

こちらのスタイルサンプルはこんな感じ
R031-3
「えっ、ぼくですか~?!まつもっさ~ん?」
R031-4
「ぎっりぎっりでスベってないですよ~!」

ってな感じのやりとりが見れるのを期待します。
残念ながらアゴをしゃくらせても全然似ませんでした(泣)

こちらもレンズ入るとこんな感じ
R031-5R031-6
リドルチタニウム R-031 04 \28,350

このようにサングラスにクリアのレンズを入れて度付きにするというのもおもしろいと思いますよ!

最近ではレンズ技術が上がり以前まではカーブレンズで度付きが不可能だと言われてた人でも範囲が広がって可能になってきています。気になる方は、どうぞご相談ください。

無骨なあんちくしょう

さあ~、今日ご紹介するのは個人的に大好きなレトロクラシックスタイルで男臭プンプンな「ソリッドブルー」の「ウェリントン」です!

品番は S97 カラー番号 4 \25,200

はい、でました~
S97-1

全体ですよ~
S97-2S97-3
いかがですか?レトロ好きにはよだれものでしょ?

こちらのモデル一見するとゴツくて掛けにくそうにみえますが、そこはさすが、金子さん(ソリッドブルーのデザイナーさんです。)
素材の厚みを4mm厚の「セルロイド」を使用することによって重量自体を「軽く」し、セルロイド独特の「ツルツルした質感」によって掛け外しがとても快適なんです!
さらに、テンプルに厚みの強弱をつけることで素材の「しなり」を、頭を包み込む丸みのカーブをつけ、接地面積を増やし力を分散させることでたいへん掛けやすい近代テクノロジーをしっかり組み込んだ優れものです!!

さらに、ハットとの相性は抜群ですよ!
S97-4


S97-5
見てくださいこの横顔からのボリューム感!!

ぜひ、ウェリントンに興味ある方はチャレンジしてみてください!!


クリスマスカラー

メリークリスマス!!

みなさん、いかがお過ごしですか?

イブをすぎてしまったせいか?だいぶ賑やかさが落ち着いてしまったように感じますが、まだまだクリスマスというイベントに無理くりで商品のご紹介していきますよ!

「チラッ、チラチラ~」
パリス4
どうです?このカラーきれいでしょ?

こちらの商品「FaCE a FaCE(ファースアーファース)」というブランドの

「PARIS 2(パリスツー)」というモデルの

カラー番号 217 です。
パリス1パリス2

ファースアファースはフランスのブランドで、デザイナー兼社長の「パスカル・ジョローン」さんは金融や都市計画を学んで経営学の学位を持ち、アパレルのスーパーナショナルブランドの「クリスチャン・ディオール」やフランス屈指のメガネブランド「ラフォン」で働いていた経歴の持ち主です。

デザイン自体はジョローンさんだけでなく、複数名で行うデザインチームが作られているため、デザインの幅が広く全世界で多くのファンを虜にしています。

また、2000年から自社工房を設立し、生産を一貫して行える「マニュファクチュール体制」によって、生地から自社で作り、特殊なカットや組み立てを行い、さらにその独自性を高めています。

パリス3
こんな色の生地、他のメガネで見たことありますか?

こちらは別カラー カラー番号 509 です。
パリス509-0
まるで服の生地の色使いですよね?

全体はこんな感じです。
パリス509-1パリス509-2

複数本だとさらに華やぎます!
ファース1ファース2
このメガネ掛けてなくても絵になります。


掛けるとこんな感じ。
「アッ!!」
パリス509-4
「サンタさんがプレゼント置いてってくれたよ~」
パリス5

ファースアファースお買い上げの方には素敵な専用ケースがついてきます!
ケース1


ケース2ケース3
フレームも素敵ならケースも素敵ですね。

白井からみなさまへ素敵なフレームのご紹介というプレゼントでした~!

よいクリスマスを!!

メリークリスマス

とても天気のいいクリスマス・イブになりましたね。

みなさん大切な人へのプレゼントはもうお決まりですか?

絶対必要なものは本人が買ってしまっているだろうし、せっかくなら何か形に残るものや身につけて使ってもらえるものがいいですよね?

そんな方で何にしようか迷っている方!サングラスなんていかがでしょうか?

いつでも使う訳ではないため、どうしてもみなさんサングラスで似合うのがあればいい物で1本ほしいんだけど・・・という考えの方が多いようで、ついつい買い物の優先順位として後回しにされがちです。

ですが、逆にいうならば、本人がその良い物に巡り会ってないがために、ほしいとは思っているにも関わらずサングラスをお持ちになっていない確率が高く、そのような物をプレゼントしてもらえるとかなり喜んでもらえるのではないでしょうか?

そんな訳で今日はサングラスのご紹介です。

まずは、ハリウッドセレブも御用達の「オリバーピープルズ」のサングラスです。

オリバーピ-プルズ 「BUNDY(バンディー)」 
カラー BK \32,550
BUNDY1BUNDY2BUNDY3

「BUNDY」 カラー SY/BE \32,550
BUNDY4BUNDY5BUNDY6

オリバーピープルズ 「Nichette(ニチェット)」 
カラー BK \34,650
NICHETTE1NICHETTE2NICHETTE3

「Nichette」 CA \34,650
NICHETTE4NICHETTE5NICHETTE6

セリマ 「PEDRO(ペドロ)」 
カラー E3 \32,550
PEDRO1PEDRO2PEDRO3

そして、男ならだれしもが絶対に一度は掛けこなしたいと思っている「ティアドロップ」
オリバーピープルズ 「Strummer-P(ストラマーピー)」
カラー G \28,350
ストラマー1ストラマー2

スタイルサンプルです。
ストラマ-3ストラマー4
レイバンをかけて皆さん自分には「ティアドロップ」は似合わないんだ~とそう思っていなかったですか?そんな方でも掛けこなせれてしまうのがこの「ストラマー」の良さです!

なにが違うかというとまずはそのレンズシェイプ!!垂れすぎてないため日本人の骨格にもバランスよくはまります。
また6カーブという日本人の骨格に合いやすい絶妙なフレームカーブがその馴染みをさらによくさせています。
さらにさらに、レンズがグラデーションのため瞳がほんのりみえるため表情が見えスカシすぎる印象をあたえません!!

この「ストラマー」も個人購入検討中ですので気になった方はお早めに!!

さらに、とっておき情報といたしまして、この「ストラマー」はブラット・ピット、アンジェリーナ・ジョリーがそれぞれプライベートでも使用しており、映画「ウォンテッド」の中でもアンジェリーナがまさにこのカラーを使用しておりました!!

では、よいクリスマスを!

続・続テオの新作!!

さて、今回ご紹介するテオはテオ取扱店でもあまりお見かけすることは多くないですが、個人的な入れ込みがあるため入荷させた「EYE WINTESS(アイウィットネス)」という左右非対称モデルの「PJ(ピージェー)」というモデルです。

そもそもこのアイウィットネスという左右非対称モデルはテオの中でも通常ラインとは異なるデザイナーのフートさんが商業性をあまり考えず、本当に造りたいと思う物を少数生産で一度だけ生産しておしまいの至極のモデルラインなのです。

なぜ、左右非対称なのかというとそもそも人間の顔は左右で完全に対称な人はおらず、であるとするならば左右非対称な顔の上に乗るメガネが左右非対称であってもいいじゃないかという発想から生まれたそうです。

では、ご覧下さい!!

「PJ」 カラー番号 236 ブロンズシャイン
PJ1PJ2

横から見たテンプルです。
PJ3
この丸みかわいいでしょ?

ハイ、ではスタイルサンプルです。
PJ4
左右非対称でも全然違和感なく馴染んでしまうんです!

正直、個人購入も検討中です!

では、別カラーです!

「PJ」 カラー番号 65 ブルーパープルシャイン
PJ65-1PJ65-2PJ65-3
こちらのブルーパープルシャインはありがたいことに、すでにお客さまに気に入っていただけ、嫁いでいくことが決定してしまいました。

メタルなんですが、そのボリューム感と丸みを持たせたシェイプがとてもかわいらしく愛嬌を出してくれます。この斬新なんだけど掛けてしまうと全然馴染んでしまうというところは、まさに、「テオマジック」です!これだからテオはやめられませんよね?

「theo loves you!!」

「we love theo!!」

ご清聴ありがとうございました!

続・テオの新作!!

昨日のM-1は「ノンスタイル」が優勝でしたね!
個人的には「笑い飯」「モンスターエンジン」「ナイツ」「オードリー」あたりかなと思ってたんですけどね~
でも、みなさんとてもオモローでした!!
これから年末、年始とさらにお笑い芸人さん達に笑かしていただけるのを楽しみにしています。

さて、本題のテオの新作のご紹介です。
waterzooi(ウォーターズーイ?読みが違ってたらスイマセン) 
カラー 85 ライトルッセマット(わかりやすく言うとベージュ)
waterzooi85-1waterzooi85-2waterzooi85-3
こちらも以前紹介したmusselsと同じように「テレビジョンカット」が施されており、目を強調し、大きく見せる効果があります。
今まで、リーディンググラスでよく使われていた、半月型のレンズシェイプを採用し、今までにありそうだったのになかったモデルです。
男性でも女性でもかけれる絶妙なサイジングです。

では、別カラーの 705 mm ブラック(ラメ入りマットブラック)
waterzooi705-1waterzooi705-2waterzooi705-3
個人的にはテオでも女性に特に人気なburt(バート)につぐ女性人気モデルになるのではと思っているのですが・・・


せっかくですので、その女性に人気なburt(バート)もご紹介いたします。

バート カラー 85 ライトルッセマット
burt85-1burt85-2burt85-3
いかがですか?とくにバートはレンズシェイプの楕円とブリッジのアーチの曲線が柔らかさを引き立て、アンダーテンプルなことと構造がほとんど平面で造られているため、他のメガネにはない独自なオラーをほんのり醸し出すテオの秀逸作といえます。

バートの色違いです。
カラー 98 バーンドシャドウマット(ブラウンマット)
burt98-1burt98-2burt98-3
この色は特に、肌に馴染みやすく、服装を選ばずに使えるカラーなのでテオ入門にはピッタリです。

今回ご紹介したフレームは特にデザインやカラー的にも扱いやすいのですが、その中でもテオらしさが散りばめられた作品です。今まで、テオ欲しかったんだけど自分には奇抜すぎて、とか、仕事でも使いたいんだけど他の人にちょっと差をつけたいなんてお考えの方にまさにうってつけですので、どうぞ試しにいらっしゃってください!!

師走のにぎわい

今日はほんとに多くの方にご来店いただき、ありがとうございました。

おかげさまで、ブログ用の写真は撮るだけとって、編集が全く出来てない状況ですので、明日編集でき次第theoの新作ブログの続きをアップいたしますので楽しみに待ってて下さいね!

テオの新作モデル入荷!!

以前のテオプチトランクショー時に発注しておいたテオの新作が入荷いたしました!!

今年の10月に日本の最大眼鏡見本市である「ioft」には間に合わなかったモデルですので一見の価値ありです!!

まずは、既存の人気モデル「cucco」のニューカラーモデル
カラー番号 249 「バーンドシャドウマット/フルーオオレンジマット」
クコ1クコ2
簡単に言ってしまえば、 「茶/オレンジ」です。
 
後ろからだとこんな感じです。
クコ

分解したのがこれです。
クコ3

試しに、裏側フロントを抜いた状態だとこんな感じです。
(裏側フロントに鼻パットとレンズが付きますので、通常うらを外して使用するとういことはできませんのでご了承下さい。あくまで見た目の差を見て頂くための参考までに)
イメージ1

そして、こちらが二重構造での見栄えです!!
イメージ2
この差し色のオレンジが入ることによって一気に顔の色身が華やぎます!!

すばらしいのはこの後ろの一枚があることによって立体感を作り出し奥行きを作ることによって、顔の奥行きを強調してくれること、また、二重構造にすることによって、掛け外しや折りたたみなどでかかる負荷を表側で吸収し、レンズがはまっている裏面にはその負荷がかかりにくくなっているのです!!


そして、こちらが完全なる新作「mussels」です!!
mussels1musseles2mussels3
小振りで平面的な造り「ディス・イズ・テオ!!」って感じです!!
ただしよ~く見てもらわねばわかりませんが、このメタルには「テレビジョンカット」が施されているのです!!

「テレビジョンカット」とは、ブラウン管テレビの画面を覆ている枠のように内側に向かって傾斜をつけることを言います。この「テレビジョンカット」をすることによって、奥行きがつくりだされ、目が強調される効果をうみだすのです。

このように、どちらのモデルもその人の持つ個性(特に、目)を引き立てようとする効果を持った素敵なモデルです。

『さすが!!テオ!!さすが!!フートさん!!』
『we love theo』

明日からも少しずつ新作の紹介をしていきますね。



本日から営業再開!!

たいへん多くの方に心配とご迷惑をおかけしましたが、昨日、お医者様から許可をいただき、本日、白井復帰いたします!!

「CRANE glasses」は今日から営業しております。

私すでにインフルエンザを完全に滅っしておりますので、感染の心配はございませんので安心してご来店下さい!

みなさまのご来店心よりお待ちしております。

本日も隔離中です。

白井は本日も、昨日に引き続きお休みを頂きました。(強制的)

インフルエンザって伝染するから、怖い病気ですね。


手荒いやうがいをするだけで効果があるとの事。
実践してます。

小さい子供にうつしては大変ですからね。



白井が休んでる間「CRANE glasses by OPTIQUE S.S」に御用の方は、お気軽に「999.9 selected by OPTIQUE S.S」までお越しくださいね。

幸いな事に”非常に近い”ですから(笑


では。

皆さんもお気をつけ下さい!

久しぶりにコッチで書くと何だか懐かしい感じがします。


さて、毎日頑張ってた白井がインフルエンザに感染し本日ダウン致しました。

昨日の事ですが、午後7時頃、店を覗くと、真っ赤に充血した目に、鼻水&悪寒の様子。
直ぐに帰宅させたんですが、案の定「インフルエンザ」に感染してました。

回復は早いかと思いますが、完璧に治るまで、白井はお休みを(強制的)頂きます。


その間、ご購入や、ご調整&お受け渡し、その他の御用がございましたら、「999.9 selected by OPTIQUE S.S」にて承りますので、何なりとお申し付け下さい。
僕は元気です!どうぞご安心下さい!


皆さんもインフルエンザには十分お気をつけ下さいね!

楽しい年末年始にしたいですからね。


では。

アンバレンタインとは?

「ANNE ET VALENTIN (アンバレンタイン)」は英語読みで、フランス語だと「アンヌとヴァランタン」という意味で、オーナーでデザイナーのANNE VALENTIN(アン・バレンタイン)さんと彼女の夫のアラン・ヴァランタンさんの名前が冠されています。

 本拠地は南フランスの古都トゥールーズで、元々、アンさんは1980年に眼鏡店を開き’84年からオリジナルアイウェアを制作し始め、本格的なハウスブランドとして1992年に始動しはじめました。

 コンセプトは「掛ける人の個性や魅力を引き出す」ことで、顔をキャンパスにして、その顔の上に線やカラーを描きデザインしている。独自のヴィヴィットな色使いや従来の既製品にはない線の太い独特のフォルムが多い。
 
 そのバックグラウンドには南フランスの日差しの強い太陽や赤い土と建物、地中海や大西洋の砂浜といった「陽気」さをメガネに盛り込んでいる。
 さらに、彼女はフランスの5月革命期に青春時代を過ごしたためヒッピーの洗礼を受け、自身のメガネを「ドラッグのようにハッピーで常習性があってほしい」と言っている。

 アンバレンタインには、「掛けやすい定番モデル」や「新技術を導入し革新的で前衛なモデル」、「クラシカルなモデル」など自身のコレクションをカテゴライズし、デザインの幅を持たせている。
 それを可能にしたのはフランスで眼鏡の産地で名高い「ジュラ」(日本で言うところの福井県鯖江市)という地方の工場を買い取り、デザインと製造を一環して行えるシステムを作り上げたからなのです。

 ハイ、ではそんな素敵なコレクションをご覧ください!
アンバレ2アンバレ3アンバレ1
 見てて楽しくなってきちゃいますよね?
 個別の商品紹介やスタイルサンプルはまた後日しますね!!

こんなん、はじめました!

ちょっとメガネ屋としては異例ですが、お品書きをしてみました。

品書き4
これでは、文章が読めませんよね。

文面はこんな感じです↓
品書き1品書き2品書き3
気軽にフラっと立ち寄ってもらえると嬉しいです。
多くの方に「愛されるメガネ屋」を目指してがんばります!!

BGMに関してはお好みのリクエストやお薦めがあればジャンジャン募集受け付けておりますので白井までお気軽にどうぞ!


さて、話はかわりますが、昨日、私は大好きなテレ朝系のバラエティ番組「アメトーーク」を見ました。2008年の大賞のノミネートされた「名言・命名・名場面」などが発表され最高におもしろかったです。

つい先日、僕はオーナーとの食事に行った際に「ベアー・シライ」と命名されてしまいました(泣)まるで昭和のプロレスラーみたいですよね?オーナー曰くその食いっぷりと僕の体系から名付けたそうです。

そういえば、以前からどうも僕はいろいろなニックネームがその時代その時代でつけられることが多く、「レモンちゃん」「まし」「まちゃお」「羅生門」「琴欧州」「話泥棒」など他にもあったかな?があり、今回晴れて、「ベアー」を襲名させていただくことになりました。プロレスやK-1、PRIDEへの参戦は未定です。

今日、今年一年を表す漢字が清水寺で発表されました。
今年は「変」だそうです。
今年は政治や経済において、大きな変化があったからだそうです。
「とぅぁしくぁに」(DAIGOさん風に読んでください)
その変化は悪いものばかりが目についてしまって・・・
いい変化が残りの二十日間や来年以降にあればいいですね!

ちょっといつもと違う趣向で書いてみました。
真面目だったり、ふざけてみたり、ちょっぴりらしさが皆様に伝わればと思っております。

よければ、コメントにみなさんが今年一年でハマった「名言」や「流行語」とそれに関するエピソードなど好きに書き込んで頂けたらと思う次第でございます。
                   
                          本日はこれにて 

「theo(テオ)」ってどんなブランド?

まずは、「theo(テオ)」という名前の由来はデザイナーである「パトリック・フート」さんのフート(hoet)のつづりを入れ替えたアナグラムがつけられました。

創業は1987年ベルギーのアントワープ(フランダースの犬でネロが最後を迎える大聖堂のある土地)で産声を上げました。

アントワープには、ベルギー王立芸術アカデミーがあり、1980年代にはその当時のアパレルモード界を牽引する「アントワープ・シックス」という6人のデザイナーを輩出しました。そんな素晴しい学校がある土地柄のためデザインに対する意識は強かったのか、フートさんはお昼はメガネ屋、夜はデザインの学校へ通っていました。

その当時にフートさんは「アラン・ミクリ」のメガネに出会い衝撃を受け、デザイナーになるため、旅に出て、世界を観察し、洞察力を磨き平凡から脱却し、アバンギャルドを求め、旅先で価値観を修正、変更、拒絶や順応を繰り返し、感性を磨きました。

そして、現在のゼネラルディレクターの「ウィム・ソーメルス」さんと出会い「theo(テオ)」を立ち上げることになったのです。


テオのスローガンは「Theo loves you」「掛けた人を幸せにしたい」という気持ちが根本にあります。

そのために「人の表情とメガネとのハーモーニーを追求し、感性を語るメガネ」づくりを目指しています。

フートさんがデザインする際に気をつけていることは、「顔は体の中で最も個性的なパーツである。その顔に何か身につけるとしたら、自分の個性の邪魔になるという理由で多くの人はメガネを掛けたがらない。しかし、良いデザインのメガネは顔と調和し、その人の顔立ちを際立たせてくれる。」ものとしてメガネをデザインするように心掛けているのです。


では、ほんの一例ですがテオの楽しいデザインをご覧ください!

theo

PA(ピーエー)
pa1pa2pa3

armenian(アルメニアン)
armenian1armenian2armenian3

LD(エルディー)
ld1ld2ld3

vingt+cinq(ヴィントシンク)
cinq1cinq2cinq3

hanafuda(ハナフダ)
hanahuda1hanahuda2hanahuda3

franklin(フランクリン)
franklin1franklin2franklin3

charitas2(チャリタスツー)
charitas1charitas2charitas3

これはもともとこういったリーディンググラスとしてデザインされていますが、↑のようにも掛けるように調整もできます。
charitas4

lace(レース)
lace1lace2lace3

ゼネラクディレクターのソーメルスさん曰く「theoは単なるブランドではなく、それを掛けていればお互いにすぐわかるので、人々を結びつけてくれるんです。一種の連帯感のようなものが生まれる点がすばらしい。」と言っています。

まさに、その通りだと思う。それが世界各国で垣根なくテオが愛され、指示される理由であろう。こういった万国共通のもので、人々が結びつき、理解し合えることが増えてくれればと心から願って、今日のブログの結びとさせていただきます。

日本人のために作られた『theo』シリーズ

本日は私と「 OPTIQUE S.S 」結びつけるきっかけとなったフレーム
『theo(テオ)』『black tie(ブラックタイ)』のご紹介です!

その日は名古屋でメガネ屋めぐりをしていて、前々から気にはなっていたものの名古屋や栄、大須のように何軒もはしごができないため敬遠していたのですが、その魅力あるラインナップをどうしても見てみたくなり、私は「浄心」へと向かいました。

駅から出て、お店のあるケヤキ並木は名古屋であるにも関わらず、やんわりとした雰囲気をかもしだしていて、東山線での人ごみにすれてしまった私の心を癒してくれました。

そして、今まで行ったメガネ屋とは別のたたずまいをした建物はケヤキ並木や周りの建物の柔らかい雰囲気にとても馴染んでいて素敵に見えました。

中に入ると、なにやら、白い肌にブロンドの外人男性とお店の方が楽しそうに喋っていて、その外人さんの横には大きな大きな黒いバックがおいてありました。

その外人さんこそ『theo』のジャパンエージェント「クルト」さんだったのです!!そして、その大きな黒いバッグの中身はもちろん全型全色のtheoだったのです!

そこからはもう贅沢な「一人トランクショー」状態!!気になるものは全て掛け倒し、辿り着いたのがこの『black tie』でした。そりゃあも~満足も満足!!だって、theoを全色全型掛けられるなんてお店は日本全国どこを探してもございません。その機会はトランクショーのときかこのような商談の時以外あり得ないんですから!!
その偶然に出くわせたこととブラックタイに巡り会えたことに有頂天のまま購入したそうな。めでたしめでたし・・・

では、その『black tie』をご覧ください!

カラー番号106 「ブラックマット/レッドマット」
106-1106-2106-3

カラー番号150 「ブルースレッドシャイン/グリーンパワーマット」
150-1150-2150-3

カラー番号162「タンジェリンマット/ブルースレッドシャイン」
162-1162-2162-3

カラー番号205 「ライトルッセマット/バーンドシャドウマット」
205-1205-2205-3

カラー番号217 「フレームボイズ/マジェンタグレイシャイン」
217-1217-2217-3

カラー番号222 「エンジアンブルー/バーンズシャドウマット」
222-1222-2222-3

いかがですか?ド派手な配色にも関わらず、顔にのせてしまうと馴染んでしまう!それがこのブラックタイの魅力です!
それはなぜか?
その理由はテオのデザイナー「パトッリク・フート」さんが日本人のためにデザインして作ったからなんです!!
だから、似合わない訳がないんです!!

価格は \46,200   素材はチタンで出来ております。

その他にも、日本人のためにデザインされたモデルには「burt(バート)」「duchess(ダッチェス)」、「freestyle jp(フリースタイルジェーピー)」などがあります。

「掛けるとなぜか笑顔になってしまうメガネtheo」をどうぞお店で楽しんでみてください!

さて、ここでクエッション!私が購入したカラーはいったい何だったでしょうか?
ヒントは今日、紹介した中の1本です!
お店に来て頂いた正解者には、メガネご購入者であれば、「キズ・汚れに強いコーティング」か「レンズカラー染色」代金を無料とさせていただきます。メガネを見に来た、ただクイズに答えに来てくれた方でもお好きなジュースを1本プレゼント致します!
ふるってご参加お待ちしております!

REAL傑作選

今日はフェニックスに引き続き、REALにおける名作のひと~つ!!
『R604』をピックアップします。
なぜ、この『R604』なのか?
そう!もちろん、自分が持っているモデルだからです。
このモデルにはそ~と~な思い入れがあります。
それは、僕がまだ豊橋の眼鏡店に勤めているときでした。
その頃からいろんなメガネ屋さんをめぐるのが好きでその日は浜松の『エフェクト』さんにお邪魔して、初めて『REAL』に出会いました。
衝撃でした!!でも、そのとき僕を揺さぶったのは当時、monoマガジンにも掲載された『R503』のレッドホーンカラーでした。
しかし、このR503色に惚れたのですが、フロントの形がどうにも僕の顔には馴染まず、結局断念し、いつの日か自分の気に入るシェイプのレッドホーンカラーが出るのを待ち望んだのですが、待てど暮らせどその願いは叶わず、しびれを切らして、エフェクトさんを再度訪れると、自分の顔に馴染むこの『R604』に出会うことになったのです!
「木村さん、あの日のすばらしい接客は今でも僕の接客の糧となっています!
本当にありがとうございます!!」


「では、そのR604ちゃん達です。どうぞ~!」

カラー番号02 「ブラウン&ブラウンストライプ」
604-2-1604-2-2604-2-3

カラー番号03 「グレー&グレーストライプ」
604-3-1604-3-2604-3-3

カラー番号04 「ブラウン&パープルラメ」
604-4-1604-4-2604-4-3

カラー番号05 「レッド&グレーラメ」
604-5-1604-5-2604-5-3

カラー番号07 「ブラックホーン&エンジ」
604-7-1604-7-2604-7-3

補足といたしまして、機能面においてREALのセルはバネ蝶番というヒンジを採用しているため①テンプルがバネのように開いてくれます。さらに②頭を覆うような形状をし、さらにさらに、③日本人の鼻に合う大きめで立体的な形をしています。そのうえ、存在感を出すため分厚くなったフレームの見えにくい④内側部分を削ぎ落とし軽量化を図っているのです。
そのため掛けたときの頭の締め付けがソフトでとても快適に使っていただくことができます。
まさに、ブランドコンセプトである『999.9』の掛け心地と『アランミクリ』のような色使いを具現化したモデルだと私は思います。

「 VIVA!! REAL!! VIVA!! INOUE!! 」


いかがでしたか?
ちなみに、私がどのカラーを使用しているかはお店にいらっしゃってからのお楽しみということで!

REAL R901 フェニックス総力特集

師走の候いかがお過ごしですか?
昨日の夜からの急激な冷え込みで体調崩されていないでしょうか?

本日は、私の地元の友人の結婚式の二次会が開催されています。
私は業務があるということで出席には間に合いそうもございませんがこの場を借りまして
「千春ちゃん、おめでとう!!末永くお幸せに!!」

そして、さらに、今日は私が以前から親しくさせて頂いている静岡は浜松のメガネセレクトショップの「エフェクト」さんが『5周年』を迎えています。
「木村さん、松浦さん、おめでとうございます!!」
これからも素晴しいメガネを広めるため、がんばっていきましょう!

さて、では本題の「REAL フェニックス」の残りのカラーを紹介します。

01番カラー「ブルーハピネス」
R901ー01-1R901-01-2R901-01-3

02番カラー「ミッドナイトパールウィング」
R901-02-1R901-02-2R901-02-3

カラー番号04「サンドベージュ」
R901-04-1R901-04-2R901-04-3

カラー番号05「ピーチツリー」
R901-05-1R901-05-2R901-05-3

カラー番号06「ルビーブラックウィング」
R901-06-1R901-06-2R901-06-3

カラー番号07「トレジャーゴールド」
R901-07-1R901-07-2R901-07-3

いかがですか?この色、形!!
メガネも服や景色といっしょです。どんだけ写真で眺めたって、本当のすごさは生には勝てません。直に見て、直に触れてみることがその魅力を存分にわかっていただくには一番です!
「百聞は一見にしかず、百見は一掛にしかず!!」
ぜひともお店で手に取って、茶器のように眺め、そして掛けてみてください。

初!!お客様紹介

今回登場いただくのは、東海地区のメガネセレクトショップには顔なじみのこの人です!

 「ジャッ、ジャン!!」
   kobe   1999
そうです!かの有名な『enochan1999様』です!!

enochan1999様とは、私が以前勤めていた豊橋市のショップに来て頂いてからのお付き合いで、メガネの話だけでなく、パンやスイーツ、カフェなどの情報をいろいろ教えていただいており、さらには、差入までいただいたり、たいへん良くしていただいております。

そんなenochan1999様に今回お選びいただいた幸せなフレームは写真左側のグロテスクフレームの『PAX』というモデルです。
この『PAX』は見ていただいてもわかるように、フレームのサイドのテンプルが片側3本
づつ、計6本はえています。そのデザインはさながら「聖闘士星矢(せいんとせいや)」に出てくるゴールドセイントの「蟹座のデスマスク」!!

このじゃじゃ馬フレームをいともたやすく掛けこなしてしまうあたりがenochan1999様のスゴさです。

ちなみに写真右側がグロテスクフレームの『AULIKKI』です。

enochan1999様、また名古屋にいらっしゃる際には、ぜひ遊びに来てくださいね!

テオ・アンバレンタイン プチトランクショー

昨夜はお忙しい中、多くの方にご来店いただき、ありがとうございました。

昨日プチトランクショーをした2ブランドはうちのお店における主要ブランドであり、通常のメガネの概念を革新的に塗り替え、デザインに楽しさのエッセンスがふんだんに盛り込まれているので、自分を含めその場に居合わせた方みなさんが心から楽しんでいました。

それでは、theoの新作です!
   theo2     theo1

そして、皆さんで集合写真  「パシャッ!」
theo集合写真
ちなみに、中央の↑方がtheoのエージェント『クルトさん』です。

立て続けに、アンバレンタインの新作
アンバレ 折り紙  アンバレ new1  アンバレ SG

旧作ですがアンバレンタインの名作たちです!
アンバレ 細小振りメタル  アンバレ ツートンメタル  アンバレ セル

そして、アンバレンタインのエージェント・グローブスペックスの宮崎さんと
「パシャリ!」
アンバレ 集合写真
『宮崎さん』は左端のシュッとしたイケメンです。

皆さん満面の笑みですね~
掛けると楽しくて、ウキウキして、掛けている本人も、周りの人さえ幸せな気分にさせてしまう素敵なメガネ達です!
まだ試し掛けしたことない方はぜひ、試しに!ご存知の方もご来店いただいて、掛け倒していってくださいね!

問い合わせなどございましたら、052-938-7445までご連絡ください。   

銀色の翼

一昨日に引き続き今日もREAL901 フェニックスのご紹介です。

今日紹介するカラーはその名も『シルバーダイナマイト』

まずは語らずともご覧あそばせ。

   R901-3       R901-03 2
フロントはチタンであるにもかかわらず、その見た目は
使い込んだシルバーアクセサリーのような質感!まさにダイナマイト!
シルバーアクセサリー好きには「これを待ってた!」と
言わしめる一本にちがいありません!


   イメージ1       イメージ2

恐縮ではございますがスタイルサンプルとして私、白井が登場です。

ありそうで今までなかったこの一本!!いかがですか?

REALには一本一本に高級腕時計のようにシリアルナンバーが刻印されております。
さながら、それには、きっとデザイナーの井上さんがこのフレームに対してお客様にとって腕時計のように「大切に長く使ってもらいたい!!」「愛着を持って、掛けてほしい」という気持ちの現れでしょう。
ちなみに、今日紹介したこのフレームのシリアルナンバーは『0150』です。
写真だけでは伝わりきらないでしょう。
「百聞は一見にしかず」「百見は一掛にしかず」です!
一度ぜひ掛けにきてみてください。


これで終わりだと思ったあなた、甘いです!
今日はさらに、重要なお知らせがあります。
「全国のtheo好きなみなさ~ん、今週のびっくり・ドッキリ・イベント・ポッチとな!」
明日12月3日(水)の夕方6時頃にアンバレンタインの営業の宮崎さんが全型,全色持っていらっしゃるのはご存知だとは思いますが、

な、な、なんと明日12月3日(水)theo(テオ)のエージェントのクルトさんが日本での発表に間に合わなかったtheoの新作を引っさげていらっしゃいます!

ただ、平日しかもこんな急遽で来店時間も定かでないのですが、ご都合の合う方ぜひぜひご来店ください!
お車でご来店の方は「999.9 selected by OPTIQUE S.S」の駐車場をご利用ください。

明日は、『テオとアンバレンタイン平日プチトランクショー


カレンダー(月別)
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

クレイングラッシーズ

Author:クレイングラッシーズ
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西
4-28-11 速川ビル1F
営業時間11:00~20:00
�052-938-7445
定休日:月曜日

取り扱いブランド
theo
(テオ)
ANNE et VALENTIN
(アンバレンタイン)
SOLID BLUE
(ソリッドブルー)
REAL
(リアル)
ALEK PAUL
(アレックポール)
OLIVER PEOPLES
(オリバーピープルズ)
FaCE a FaCE
(ファース ア ファース)
lafont
(ラフォン)
laLOOP
(ラ・ループ)
The Spectacle
(ザ・スペクタクル)

アクセス
地下鉄鶴舞線・浄心駅2番
出口より徒歩3分
駅を出たらまっすぐ進んで
浄心東を右に曲がれば到着!

お問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちらへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。